アラフォー留学 リアルな本音

イギリス・イタリア留学の経験から、役立つ情報をお伝えしていきます。

お得な外貨両替と海外送金法

外貨の両替は、安く済むに越したことはありません。ヨーロッパで暮らす場合は、Revolutというオンラインバンキングの口座開設が可能です。お得な海外送金のトランスファーワイズとセットで利用します。または、クレジットカードの海外キャッシングを繰り上げ返済するのがよいでしょう。

 

 

外貨両替は、Revolutがおすすめ

短期学生ビザ(Short-term-study visa)などの留学ビザがある場合は、Revolutというオンラインバンキングの口座開設をしましょう。

これは、口座内のお金の一部を、瞬時に好きな通貨に両替できるシステム。

しかも為替手数料無料です。正確に言うと、一定額までなら手数料が無料です。

 

Revolutの手数料がかかる一定額というのは・・・

1カ月の間に、口座内の金額を日本円から£5,000もしくは€6,000まで両替するのが無料です。超えたら0.5%の手数料がかかります。

またそれをATMから引き出すには、1カ月の間に£200か€200まで無料です。超えたら2%かかります。

 

Revolutの口座をもつ大きなメリット

また、プリペイドのクレジットが持てるのがとても便利です。デビッドカードのように、お財布代わりに使えるものです。お買い物時にカードをかざすだけで、都度口座から引き出されます。そして、それが携帯のアプリに記録されます。

Revolutのアプリを入れていると、使ってすぐにポップアップで表示が出るので、不正利用されたら気づきやすいという安全性もあります。

 

イギリスで現金しか使えないところ

イギリスのクレジットカードが使えるお店は日本よりずっと多いイメージです。なのでそんなに現金を引き出す必要性を感じませんでした。現金のみ支払いなのは、kioskのようなお店とか。中東の人がやっている小型の食料品店は£10以上でないとカードの手数料が取られたりします。

またシェアハウスの場合は、現金で賃料とデポジットを払うのが一般的です。

f:id:arubekiaji:20180831111541j:plain

Revolutの口座に送金するにはトランスファーワイズ

オンラインバンキングのRevolutも海外の口座であるので、そこに入金するのには海外送金をする必要があります。普通の銀行からの海外送金は手数料が高いので、トランスファーワイズが私の知る限り一番安くつくところです。

トランスファーワイズは日本にいる間に口座を開設しておいてください。PINコードが郵送で日本の住所に届くので。家族が日本にいる場合は海外にいるときにつくっても大丈夫です。

Revolut関係なしにも、安い海外送金方法をもっておくと、便利です。

 

Revollutとトランスファーワイズについて、まとめた記事を書いていますのでこちらをご覧ください。

tabizine.jp

 

日本でRevolutの残金を引き出すには

留学から帰ってきたら、コンビニで残金を引き出せます。手数料無料で引き出す方法をご覧ください。

www.arubekiaji.com

 

1カ月以内の留学は海外カードキャッシング

Revolutの口座をつくるまでではない場合は、クレジットカードの海外カードキャッシングがお得です。ATMで現地のお金で引き出し、オンラインで繰り上げ返済をするのがベストです。私はSBIのカードを使っていましたが廃止になってしまいました。今はセディナというカードがいいらしいです。

手持ちのカードでキャッシング利用し、国際電話で繰り上げ返済をする方法もあります。もしくは、金額如何では、利息を考えて、繰り上げ返済しないという選択もあります。

 

無駄な手数料を省いて、実のあるお金の使い方をしましょう。

Copyright (C) ryugaku40.com. All Rights Reserved.